加齢臭の原因「ノネナール」を対策する3つの方法

加齢臭の原因「ノネナール」を対策する3つの方法

加齢臭の原因は40歳を過ぎて増えるノネナールです。このノネナールを対策することこそ、一番大事な加齢臭対策になるのです。

 

 

ではノネナールの発生を防ぐにはどうしたらいいのかご説明しましょう。その方法はいくつかありますので、さまざまな方法をお試しください。

 

 

1つ目の方法は加齢臭対策用石鹸でノネナールを除去することです。加齢臭を臭いでごまかそうとする人って本当に多いです。しかし加齢臭は強烈な臭いであり、いい香りでごまかせるような簡単な臭いではありません。しかも臭いでごまかせたとしても、その香りが無くなったら結局は加齢臭が漂ってしまうのです。それでは根本的な加齢臭の解決策とは言い難いでしょう。加齢臭を対策したいなら専用の石鹸を使ってください。これで皮脂を落としてノネナールの発生を防ぐことが重要です。

 

 

2つ目の方法は洗濯です。加齢臭の臭いというのは実は服にも付いてしまうのです。身に着けていた洋服に臭いがついたらどんなに体をキレイにしても加齢臭の臭いは漂ってしまいます。この臭いを除去するためには小まめな洗濯が必要です。ノネナールを発生させる原因の脂肪酸が服に付くと臭いが酷くなります。これを防ぐために水よりもお湯でしっかり洗濯して脂肪酸を除去することをおすすめします。服からも加齢臭が漂っている人はしっかり洗濯によって対策しましょう。

 

 

3つ目の方法はストレス発散です。実はこのストレスもノネナールを発生させる原因になります。ストレスは活性酸素を増やすのですけど、それが原因で脂肪酸も増やしてしまうのです。そうするとノネナールが発生して加齢臭が酷くなります。そうならないようにするにはストレスを小まめに発散することが大事です。ストレスが溜まっているなと思ったら、何らかの方法でこのストレスを発散してください。これが加齢臭の原因ノネナールを発生させない方法です。

 

 

このような3つの方法をどうぞお試しください。この除去方法を実施すれば、ノネナールの発生を止めることができ、加齢臭を対策できるでしょう。