自分がわきがかどうかを確かめる目安

自分がわきがかどうかを確かめる目安

もしかしたわきがなのかなと感じるくらい、脇の下からイヤな臭いを自分で感じることがあります。

 

他人に聞くのも勇気がいるし、自分では判断しづらいため、わきがの恐れがあっても放置することが多いです。
では、自分がわきがかどうかを確かめる目安があるので、ご紹介したいと思います。

 

汗かき体質で時間が経つと毎回臭いが気になる

 

わきがの人の特徴は、よく汗をかく汗かき体質の人が多いです。
だからといって、汗かきがみんなわきがなのかというと違います。

 

問題は、時間が経った時に強烈な臭いを発するかどうかが見極めるポイントです。

 

朝出かける時は洗濯したキレイなシャツを着ていても、昼頃になると脇の下からイヤな臭いが発することがあります。
わきが体質の人は午前中の数時間だけで、デスクワークをしている人でもわきが臭が漂う傾向にあるのです。

 

3〜4時間おきに、脇の下の臭いを確認して、汗が溜まって強い臭いがしたら、わきが体質な可能性があります。

 

衣服に黄ばみができる

 

大汗をかく人なら、衣服の脇の部分に汗ジミができます。

 

ただし、わきがでなければ無着色なのですが、わきが体質の人だと黄ばみの跡が付くのです。

 

これは、人の脇部分にあるアポクリン汗というものが、普通の人よりも体内の蓄積物や汚れを出しやすいために起こります。
皮膚の汚れや汗の臭いと混ざり、普通よりも強い刺激臭を放ち、服が黄色く変色するほどになるのです。

 

耳垢の状態でわきがかどうか判断する

 

一般的にわきがの体質の人の耳垢は、湿っていてべったりとした固形の垢が付いています。
一方、普通体質の人はパサパサとした乾燥した耳垢であることが多いです。

 

耳掃除をする頻度が少ないと、どちらも耳の穴の痒みを感じることがありますが、わきが体質の人のほうが感じやすいです。
分泌物の量が多いので、掃除をキレイに行わないと痒みを引き起こしやすくなるからです。

 

あまり頻繁行うと中耳炎を招く恐れもありますから、毎日、最低限の耳掃除をしてクリーンな状態をキープすることが大事です。

 

わきがかもしれないと不安になっても、実際のところは色々と試して、本当にわきがなのか確かめることも大切です。
あくまでも目安ですが、ご紹介した方法を行って、わきが体質かどうかを判断する材料にしてみてください。